2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月 2日 (土)

秋色に染まる尾瀬ヶ原

2017年10月1日
約2か月前の尾瀬ヶ原レポですmaple
今尾瀬は、長い冬の眠りの中snow


秋の尾瀬を歩くのは初めてです
草紅葉が楽しみ!

尾瀬ヶ原  逆さ燧ヶ岳のポイントcamera 波が少しありました(^^;)
O3_2


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
今回は山の鼻から見晴まで歩き、ヨッピ橋を渡って戻る周回コースを予定してるので、朝早く鳩待峠へ。 そのため前日夕方自宅を出て尾瀬第一駐車場にて車泊rvcarsleepy
早朝5時半、乗り合いタクシーで鳩待峠へ。6時半スタートですdash



早朝にもかかわらず、1日晴天が約束されているので沢山の方が鳩待峠より入ります。
熊大丈夫でしょうgood  でも 途中悲鳴が聞こえてきます∑(゚∇゚|||)
熊出没!? かと思ったら木道が凍っていて先行者みんなスッテンころりんsweat01
先頭でなくてよかった(;´▽`A`‘ 先行の方ごめんなさい(*_ _)
7時20分、山ノ鼻到着。
ちょっと温かいものを飲んで、山ノ鼻よりスタートです♪

時々、至仏山を振り返りながら歩きます(o^-^o)
至仏山も紅葉が進み、この日に登った方は絶景だったでしょう!!
O2






ヒツジグサもほんのり染まってかわいらしく集合
未の時刻に花が咲くのでヒツジグサというそうですpencil
O2_2



O5



燧ケ岳向かって、見晴を目指し歩いていきます
O1_2



お花は春の水芭蕉に始まり、次々とバトンタッチして秋の最終ランナーはエゾリンドウ
O6



前回はここまででした。竜宮山荘house  ここまで来ると燧ヶ岳が近づき、圧倒されます!
O7



ここで一休みして見晴らしを目指します!
橋を渡り、、この先は福島県です(◎´∀`)ノ
O8



竜宮より先は驚くほど人がいません。静かな静かな尾瀬ヶ原ですconfident
O9


11時10分見晴着  雰囲気ある山小屋が多くてshine  彌四郎小屋
O10


ここでお茶とケーキもいいなあ(*´σー`)cake
O11


お昼を済ませたら、次は東電小屋目指してちょっと周回しますshoedash
至仏山は遠くに。 あの麓まで戻ります
O12


O24


途中、東電小屋house  ここは新潟県です(◎´∀`)ノ
尾瀬ヶ原は群馬県、福島県、新潟県にまたがってるのですね♪
O13



東電小屋からはヨシッ堀田代が見渡せます
O15
ヨッピ川にかかるヨッピ橋を渡り
O20



クマよけの鐘bell  盛大にカンカン鳴らしますsign04sign04
O14

浮島
O17

2時、山ノ鼻着
花豆ソフトクリームをいただき、ちょっと休憩notes
O21


マユミでしょうか。 赤い実がこの周辺にはいっぱい!cherry
O19

2時半、鳩待峠目指して登ります。
木々の紅葉は1週間先ごろが見ごろでしょうか^^
O22


3時15分鳩待峠着。 往復約22㎞ぐらいでしょうか。
ゆっくり歩いて草紅葉の尾瀬を楽しむことが出来ましたmaple
今度はアヤメ平や尾瀬沼など、尾瀬はまだまだ歩きたいところがたくさんありますclover


帰りは群馬県片品温泉、うめやへ。spa
源泉かけ流し、ほんのり硫黄の香りがする無色透明のお湯でした。
40℃ぐらいの湯温も好みですconfident
O23
 
 

2017年11月19日 (日)

男体山で修行、、ボロボロでした(>_<)

2017年9月10日




約3ヵ月ブログを休んでしまいました(_ _*)
この男体山登山後、少しずつ義母の容態が悪くなり、2度目の脳梗塞を発症し危険な状態が続き山もお休みしてました。
今も状態は悪いままですが、様子を見ながら月1ほど自然の中へclover
少しずつUPしたいと思いますのでよかったらお立ちよりくださいませ(_ _)


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


4年ぶりに栃木県 男体山へ!
今回も中禅寺湖畔の日光二荒山神社中宮祠から直登しますrock

朝8時30分、二荒山神社神社中宮祠着。
支度を整え、中宮祠で入山料500円を払い、9時登山開始ですshoedash


空はすっきり晴れ渡り、男体山が鎮座してます!
N1


入山料を払い、お守りをいただいたら、お参りします(-人-)
N2


登山口に簡単な登山道の図が。
3合目と4合目の作業道?以外は見事な直登↑
sweat01
山頂 2486m 標高差1200m頑張りましょヽ(´▽`)/←最初だけ元気。
N3



男体山1合目から山頂までしっかり1合ずつ表記が。
これが励みになったり、後半は疲れを倍増させたりヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ
最初1合目から3合目はそこそこ斜度のある樹林帯
N4


3合目と4合目の間が緩やかなアスファルトの作業道。 密かに「地獄で会った仏の道」と名付けておりますcoldsweats01
ここで息を整えて4合目からの急登に備えて!
N7



秋の花も咲いてます♪
キツリフネ
N6


シロヨメナ??
N5
4合目、ここからが本番rock
N9


眼下に中禅寺湖shine
N8


ツツジは赤く染まってきましたmaple
N10



4合目から6合目は比較的整備された登山道です。
危ない所はありません。ここは6合目
N11


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
6合目から9合目は岩ゴロゴロで歩きにくい登山道がずっと続き、手を緩めることなく急斜度が( ̄○ ̄;)!
完全に脱落気味です。
8合目で隊長にギブアップを告げますが、この登山は次の北アに向けての訓練の意味合いも大きいので、頑張らねば!です。
悪天候のため去年だめだった「プロジェクトJ」fuji   爺が岳、体力のない自分でも山小屋に泊まれば手が届きそうです。
さて昼食まではさみ休憩して8合目からヨロヨロ登ります!
9合目中ごろからはやっと樹林帯も終わり、最後に赤いザレた踏ん張れない登山道が現れます!
N13



N12


二荒山大神さまが見えたら山頂です
「おそーーいthunder」とお言葉が聞こえてきそうです(*´σー`)
N14

山頂に着いたのは2時ジャスト。 5時間もかかる人なんかいるのでしょうかsad
CTは3時間。
自分でもあきれております(;´Д⊂


そのせいで、雲がモクモク湧き周辺の山は辛うじて見える程度ですcloudcloud
隊長ゴメン 人( ̄ω ̄;)
N16



神剣を撮ろうとウロウロしていたら、そこにいた登山者の方が一緒に撮ってくださいましたcamera あれ?隊長はどこに行っちゃったのでしょう?
この剣の先から太陽の光が放たれたら、流行りのインスタ婆えしましたか?( ´艸`)ププ
残念ながらガスガスです
N15


山頂ではゆっく出来ません。
下山も岩ゴロゴロは慎重に下るので時間がかかりそう。
2時半下山開始dash
8合目も、まだまだ。
そして誰もいなくなった!です
N18


5時半駐車場に無事着きました。
中宮祠は灯りがともり、1日がかりの男体山でした。
もうボロボロです_| ̄|○
北アは登れるのでしょうか!?
っと心配していたら、義母のことなどもあり、北アはまた来年へ持ち越しです~
山は逃げないrock でも年齢は逃げるsign02dashdash  (ノ∀`)・゚・。


次は草紅葉の尾瀬ヶ原ですmaple






2017年8月27日 (日)

月山で出会った花々✿

2017年8月7日

月山に咲いていた花々です🌼


ハクサンフウロ(白山風露)  8合目からこんもり群生してました
H1



ニッコウキスゲ(日光黄管) この時期は、弥陀ヶ原よりも上にたくさん咲いてました。
H10



キンコウカ(金光花) 弥陀ヶ原に揺れてました
H2




コシジオウレン(越路黄蓮)
H9



H35





弥陀ヶ原の 池塘  池の中にツンツン出ている植物はミヤマホタルイ(深山蛍藺)
H3




ハクサンイチゲ(白山一花) 群生になってました
H12


イブキセリ(伊吹芹)
H7



トウチソウ(唐打草) トウウチソウ
H6


トウゲフキ(峠蕗) 黄色い花の主役でした♪
H13




ウゴアザミ(羽後薊)
H11


ヨツバシオガマ(四葉塩竈)
H8


チングルマ(稚児車)  果穂になった花も多かったですがまだまだ咲いてました。
H18




H34




ベニバナイチゴ(紅花苺)
H21



ミヤマリンドウ(深山竜胆) 9合目付近からこんもり咲いてました。
H20



ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花)  山頂付近に咲いてました。
H25



ヒナザクラ(雛桜)  一番見たかった花です^^  南限は西吾妻山、北限は八甲田山。 早池峰山には咲かないそうです。 頂上に近づくにつれて霧の中にひっそりと。
H23


ヤマハハコ(山母子)
H24



トウヤクリンドウ(当薬竜胆)  秋を感じます♪
H19


モミジカラマツ(紅葉唐松)
H28


キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
H26



イワオトギリ(岩弟切)
H5



エゾシオガマ(蝦夷塩竈)
H15




真夏でも豊富な雪を蓄えて
H14



タテヤマウツボグサ(立山うつぼ草)
H22_3




ハクサンシャジン(白山沙参) 別名タカネツリガネニンジン  主役級の花でした♪
そういえば去年の鳥海山にも密度濃く咲いてました。
H17



キオン(黄苑)? それとも深山秋の麒麟草? 深山秋の麒麟草と教えて頂きましたconfident
H30


アオノツガザクラ(青の栂桜) もっと接写したかったけれど風にブレブレです(^^;
H27



タチギボウシ(立擬宝珠)
H33



ノリウツギ(糊空木) 潔い白さ。
H29



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
たくさんの植物咲く月山でした。
備忘録なのでコメント欄は閉じますclip
花の名前に誤りがあると思います(^-^;
登山編の方で教えて頂けるとうれしいです(_ _*)











































 

2017年8月23日 (水)

緑と花々そして雪渓織りなす月山

2017年8月7日



(登山編)




8月初旬、月山に登ってきましたfuji
今年は残雪が多く、7月も雪渓が広くあったようなので8月まで待ちました。
3年前は志津口からリフト、そして姥ヶ岳経由で登りました。
今回は北へまわり、羽黒山ルートで登りますshoe 月山八合目からスタートですwink

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


途中、広大な弥陀ヶ原湿原と御田原参篭所を振り返り。
年季の入ったコンデジのレンズにゴミが入り、お見苦しくてすみません(。>0<。)
G3

前日、午後1時半自宅を出発rvcardash
常磐道→磐越→東北道→山形道と走り庄内あさひICで下り、羽黒山方面へ進路をとり、月山高原ラインをひたすら8合目駐車場まで。 いや~、、遠かったですwobbly 午後8時半着。

事前にブロ友さんから、高原ラインの情報をいただいて助かりました。
細いくねくねした道が続き、普通車でも対向車が来たらすれ違えないところが多く、バスなど来たら待避所までバックです。夜のうちに登れたので翌日が余裕でしたm(__)m



.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
朝起きると鳥海山が浮かび、よいお天気ですo(*^▽^*)o
支度を済ませ、6時20分スタート。
広大な湿原、緑、花々、雪渓に思いを馳せ、どきどきわくわくです♪
少し登山道を歩くと御田原参篭所ですhouse
御田原神社へお参りします
大きななで兎。 月山の神の使いは兎ですconfident
G1


正面にオモワシ山。月山山頂はその背後にちらりと見えます。
G2


早朝の弥陀ヶ原を少し歩き無量坂をゆるやかに登りますupwardright
青空が広がり、大小の池塘が輝き、お花もあちらこちらに。
でも、胸の中にザワザワと不安感がdespair
その理由は、、、暑~~~い!!!\(;゚∇゚)/ sweat01sweat01 カンカン照り!
なんでも予報では最高気温が鶴岡市34℃、酒田市35℃、、朝6時台でこんなに暑いとは!
山頂までCT3時間と言うことは私は4時間、この暑さに耐えられるのかsunsunsunsweat02


大汗ボタボタで登ります。 
雪渓広がる風景に元気をもらいますrock
G4

登るにつれてたくさんのお花畑が出迎えてくれて、暑さは吹き飛びますdash
ハクサンシャジン、チングルマ、ハクサンイチゲ、次から次へとため息です
G5_2



まずは佛生池小屋をめざして、ゆっくりゆるやかに。
時々、ほら貝の音が聞こえてきます。
信仰の山、月山moon1
G6


ゆっくり写真を撮りながら歩き登山口から2時間、月山佛生池小屋に到着。
小屋はお花に囲まれてます。ハクサンシャジン
G7



佛生池にこんもりとハクサンフウロ
真名井神社にお参りして休憩cafe
涼しい小屋に入り、冷たいサイダー購入。もう戦線離脱気味ですι(´Д`υ)アセアセ
G8


20 分以上ゆっくりして元気充電flair
後半戦、頑張れますscissors
佛生池小屋を振り返りながら、オモワシ山を登りますshoe
G9



佛生池小屋を過ぎてから、だんだんとガスが流れて、わ~涼しそうヽ(´▽`)/
恵みのガスmist
G10



しかし、まさかこの先が、、あんな結末になろうとは(u_u。)
ガスは流れてこの地帯だけだと思っていたのにだんだんガスの密度は濃くなり。

ちょっとだけ岩々を登り、ここは行者返し。
G11
ガスに強風まで加わり、、今度は寒いぐらいです。大きな雪渓がありそちらから冷えた風びゅんびゅんtyphoon
暑いと文句を言ったので、神様が冷房効かせて下さったみたいで、、
G12
前回も山頂ガスガスだったので今回はお願い晴れて~~sweat01 と勝手なお願い。
もちろんそんなわがままは却下され、山頂さらに強風sad
月山山頂、 10時20分着。 休憩入れてゆっくり登り4時間です。
月山神社
G13



 
今回は外からお参りします。
お天気が良ければ、少し下り姥が岳方面も見渡したかったのになーーんにも見えませ~~ん( ̄◆ ̄;)
風が避けられるところを探し早めの昼食ですrestaurant
カップ麺&このでっかいお饅頭(≧∇≦)
コンビニなかったので、羽黒山のお土産物屋さんで甘いもの購入。
ご利益がありそうですshine  どこにでもあると思うなコンビニ24hours&GSgasstation 今回学習。
G14



ガスが晴れないか待ちましたが、体が冷える一方なので11時半下山です。
どんどん下っていくと佛生池小屋が見えてきました。
やはりガスはこの辺りが境界線のようです。
G15



 
小屋で 一休みして、さらに弥陀ヶ原目指します。
ガスがとれると、やはり暑い暑い!!

G16



弥陀ヶ原一周コースもあるのですが、暑くてギブアップ。
少しだけ遊歩道を歩き木のイスに腰かけて、池塘を眺め。
夏の雲が。   隊長と、頂上ガスっていても来てよかったね~っと。
弥陀ヶ原はニッコウキスゲやキンコウカが風に揺れてました。
G17



駐車場に午後2時半着。 レストハウスに駆け込み、dashdash
イチゴのかき氷くださ~~い! 鳥海山の時と同じです(*´σー`)
G18



帰りは道の駅にしかわに併設されている温泉へ。
水沢温泉、 ナトリウム塩化物泉。
300円でリーズナブル。 循環、消毒されてますが月山登山後にはうれしい温泉ですspaG19



寒河江で夕食を済ませ、寒河江ICから高速に乗りますが、ここから台風の影響で猛烈な雨と濃い霧で運転手さんは大変ですcoldsweats02
蔵王Pで仮眠し早朝自宅着。
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.


月山、今回は弥陀ヶ原からゆるやかに登りました。 池塘と緑、沢山の花々、そして雪渓 と懐深い山だと感じます。
鳥海山と同様、雪深い山の多様な高山植物にため息でした。遠い山ですが再び訪れることが出来て感謝ですconfident 
 

2017年8月11日 (金)

ミスト効果で筑波山日和♪しかしストーカーアブに"(-""-)"

2017年7月30日


関東地方は梅雨明けしても梅雨のような日々が続く7月でしたcloud
7 月上旬に磐梯山で暑さに凹んで山行を控えてましたがこの日は最高気温も26℃ぐらいで曇りの予報なので筑波山へnote


涼しさを求めて、男の川から登ります(◎´∀`)ノ
でも8月に暑い東北の山を予定してるので、暑い日を選び御幸ヶ原コース登った方が訓練にはなるとは思いますがcoldsweats02  老体にダメージが(´Д`;≡;´Д`)アワアワ
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
男の川コース
沢沿いなので涼しそうclover
T1



でも甘かった! 登ればそれなりに暑くて汗ポタポタ。
花はあまり咲いてないけれど
T2



葉っぱの上にちょこんと黒い実。 昔のおままごとを思い出すような♪ハナイカダ
T3



羽根つきの羽根みたいですね。 ツクバネソウ
T4





うっすら霧が出てるので、いつもに比べれば涼しいです
T6



自然研究路に入り、小さな展望台に立ちます。 朝は双耳峰に綿帽子のような雲がかかってましたが、雲は取れようでちょっとは展望がeye
風が気持ちよく吹き渡り、登ってよかった~~ヽ(´▽`)/
誰も来ないので少しランチ休憩notes
cloud  cloud  cloud 
休憩中20代のイケメンくんがやってきました(゚▽゚*)
登山を始めたばかりで、筑波山で特訓中とか。
来週は那須連山に挑戦するそうです!
若いってうらやましいなあsign03
これからの夢が大きくて。 翌週は晴れるといいですねo(*^▽^*)o
T7



そのあと男体山頂上へdash
ここはさすがに登山者でにぎやか;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
若いグループがおみくじひいて盛り上がってますnotes
ある人は控えめな大吉ですって(^-^;
私はどこで引いても、凶とか末吉ばかりなので引きませんよ(*`ε´*)ノ
T8



コバギボウシ
T9


ふんわりよい香りがすると思ったらヤマユリが
T10



御幸ヶ原で登山口に引き返すことにしました。
しかし、ここでストーカーアブに目をつけられ、ずーっと追い回されますimpact
とにかくブーンブーン言いながら、私にまとわりついて、、
歩くの遅くても、ちょっとは走って引き離したと思ってもすぐにブーンブーンやってきて
途中気を抜いたところで、ぶち~!!っと刺される(/□≦、)
Tシャツ2枚重ねの上から容赦なく腕を!
2日後大きく腫れ上がり、annoy
刺したら諦めるのかと思いきやまたブーンブーンと追い掛け回されsweat01
とうとう駐車場までrvcar
ドア開くの待ってるかのようにブーンブーンと!
もうストーカーは110番通報でしょ(#`Д´)
とにかくアブに疲れましたil||li _| ̄|○ il||li 
T11


アブ対策は何かありますか?
甘い香りのモノはつけてません。
加齢いえ華麗なフェロモンが引き寄せちゃったかしら~( ̄◆ ̄;)



2017年7月15日 (土)

磐梯山 熱中症一歩手前で敗退(>_<)

2017年7月8日



B18

梅雨の晴れ間、久しぶりに福島県 磐梯山に来ました(◎´∀`)ノ
一番高低差の少ない八方台から登りますup


5時半自宅出発rvcardash 磐越道 磐梯河東ICで下りゴールドラインを走り八方台駐車場に8時半着parking  もう駐車場は満車∑(=゚ω゚=;) 300m離れた駐車場も満車で係員の方の指示に従い道に縦列駐車でしたsweat01 おかげで登山口に近くなりました(^-^;

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

支度を整え、登山口で登山者カードを記入して9時10分出発ですshoedash
今日は単独なので気を引き締めて、頑張るわーーーrock


B1

最初の30分はなだらかな森をゆっくり♪
中の湯跡に到着spa
後方に磐梯山が見えます! なんだか遠いな(-_-;)
ここは昔温泉宿がありました。
今でもぶくぶく地中から音がして、硫黄の香りが立ち込めてますw(゚o゚)w
長居は無用かな~dash

B3

硫黄立ち込める付近にツマトリソウが頑張ってます
B4


さて、ここを過ぎると本格的に登りになりますup
そして私のカラ元気もここまででしたcoldsweats01
登りは暑いですsweat01  当たり前のこと忘れてましたsweat01
途中、ちょっと風景が開けるとヤッタ~っとちょっと元気
檜原湖です。 気温上昇で霞んでますsun
B6


遠くに雲の合間から飯豊連峰fuji
まだまだ残雪たっぷり
B7


汗ポタポタでメガネも曇ってふきふきしてshine
小学生軍団にこんにちは~!っと挨拶されながらどんどん追い越されsweat02
薄暗い森の中でショウキラン見つけました。うれしいです!
B5
こちらはコケイランでしょうか?
B10

タニウツギが優しく登山道を飾り
B11

ユキザサ  もうお花は終わりのころ?
B8


B9

やっとヘロヘロで弘法清水に到着です!
ここで冷たい水で喉を潤し、一息入れて( ・∀・)つ旦~~
ここは4合目。 磐梯山は頂上が5合目なのでもう少し。 でも後ろの頂上が遠く感じますcoldsweats02
B13


休憩してるとヘリが近づいてきました!
荷物を運んできたのかと一瞬思いましたが、後ろに下がるようにアナウンスがあり、見てるとレスキュー隊員が降下してきます@@  ヘリは福島県警でした。
熱中症で動けなくなった方数名を救助に来たようです。
レスキュー活動、頭が下がります。
B14


さてもう少しで頂上なので頑張らねばrock
あと30分の急登で山頂なのですが、一歩一歩登ると汗ばかり噴き出して、水を飲んでも気分が悪く、、樹木がないと本当に暑い!一言です。
木陰で首を冷やしていると、おばあちゃまが覗き込んで
「気分悪いの? 無理はダメよ。いつでもこれるでしょ?」
涙が出そうになって、自分弱いなあ(u_u。)としみじみ。
日頃の鍛錬がないということはこういうことなんですね。

ハクサンチドリ
B21


ミネウスユキソウ


B22


サラサドウダン
B16

迷惑はかけられません。しっかり自分の足で登山口に戻らねばです。
山頂は諦め下山することに。


B15



磐梯は見る方角により荒々しい山の表情を見せます
B17


帰り下のお花畑を回ります♪
一本の道が伸びて、、でもギラギラここも暑かったsun
B19


コウリンタンポポ

B24

ベニバナイチヤクソウ
B20
グンナイフウロ
B23

たくさんの種類の花がまだまだ咲いてましたが、クラクラしてピンボケばかりなので、下山しますdash
ゆっくり歩いて3時に無事に駐車場に到着。 涼しい森で生き返りました!
B25



山の神さま、無事に帰れてありがとうございます!
B27


ゴールドラインから磐梯山。たおやかな山容にみえますfuji
B26



山頂に立てなかったので見ることのできなかった猪苗代湖。
なんだか標識のほうが目立ちます^m^
B29



家に帰って隊長に報告すると、、「また得意の敗退登山か」の一言Σ(;・∀・)
以前 秋に猪苗代からもっと標高差のあるルートを登っていたので八方台は大丈夫と甘く見てました。
暑さにやられましたwobbly
山を甘く見てはだめですね。
でもたくさんの花が咲いていて、秋とは違った磐梯山はやはり魅力満載な会津の名峰でしたshine
 








 

2017年7月 2日 (日)

那須✿残念シロヤシオ!初孫!?やっとたどり着く鉱泉~

2017年6月5日  6月12日~ 13日



6月  那須でのお話しです^^  今回はシロヤシオ、毛深い初孫?、カーナビなしで辿り着けない鉱泉ことなどspa


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
6月5日  残念!シロヤシオ
大木に真っ白いシロヤシオを期待して那須へclover シロヤシオは五葉ツツジとも^^
シロヤシオ群生地で有名な、中の大倉尾根へ
また那須にキタワァ*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*


ドキドキしながら登っていくと‥
あれ?\(;゚∇゚)/
期待していたシロヤシオほぼ雹のために全滅です( ̄◆ ̄;)
ここはシロヤシオで真っ白になるはずだったのに
茶臼岳見渡せます(◎´∀`)ノ
N1


中の大倉尾根をもっと登ります
やっと咲いてるシロヤシオ見つけました!
N4_2

リサーチしてきたつもりでも、残念な結果ですsweat02
山友さんが言うように日光だったらよかったかな~(u_u。)
でもブナの大木の森に元気もらえましたclover
N3



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:



6月12日 初孫!?に会いに
6月中旬、初孫に会いに娘宅へshine
ご対面~~ヽ(´▽`)/
だいぶ毛深い女の子ですeye   レトリバーの子 3か月
N5



いきなり飛びついて、オババが好きなのかと思えば、私のストールをガブガブ噛みたかったらしい! 穴が開いた~~crying
N6_2


うん〇をトイレ以外にばらまくし、しつけがなっとらんですannoy
それでも餌を前に、マテ!を練習中
お腹ペコペコでも、ご飯を前にじっと我慢happy01
この目がせつない( ´艸`)ププ 
N7



孫に遊んでもらって楽しく1泊sleepy
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
翌日、那須岳はふもとまで濃い霧に覆われmist 雨もポツポツ。 っていうことで温泉です♪
6月13日 なかなかたどり着けない柳沢鉱泉編

那須といえば鹿の湯に代表される那須湯本温泉や大丸温泉、北温泉、板室温泉など名湯秘湯が多い所ですspa
今回はカーナビなしではたどり着けないであろう柳沢鉱泉です♪
行ってびっくり@@ こんな鉱泉あるのですねsign03
場所は高級お宿二期倶楽部の近くなのですが、カーナビ壊れた!?と思うぐらい狭い林道を右に左に。
やっと到着!
N19

柳沢鉱泉  清水屋さん
N20


優しいおばあちゃまが出ていらして入浴料を支払います。一人400円
お客様は誰もいないようです。
浴槽が一つきりなので基本貸し切りみたいな形でしょうか。
入ってさらにびっくり!
N15


温泉成分のカルシウム結晶がたくさん浮いてるではないですか@@
鉱泉はたった6℃という冷鉱泉penguin  湯船に温めるヒーターがありこれで43℃ぐらいにしています。コストかかりそうなのに泉質重視の宿の姿勢に頭が下がります。
N16



43℃は熱すぎるので、これを源泉の蛇口をひねり、ドバドバと湯船に注ぎ適温に。
普通の温泉とは逆の手順でしょうか(o^-^o)
N17

とにかく、こんな鉱泉初めて! これは温泉好きにはたまりませんわheart04
ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、炭酸水素塩、塩化物泉
N18

お湯はサラサラ、なめてみてもえぐみもなく、体を洗う石鹸やシャンプー、お湯が出る洗い場もありました。
こんなマッサージ機が♪
20円??入れるようです。挑戦します!
でもまずコンセント外れてるので入れると、20円投入しなくても動き出しましたcoldsweats01
痛気持ちいいモミ玉でしたflair(≧m≦)
N14


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


ランチはヴォイエッタへ  自然派バイキングレストラン♪
沢山の野菜が、和風、イタリアン、エスニック風に調理されていてrestaurant
ソーセージやパンも美味しかったです!
N13



N11



ブルーベリータルト、レモン風味のドーナツもついついおかわりしてpigsweat01
N12



次は三斗小屋温泉と那須連山を目指そう!rock
っといいながら、まったりしそうな那須でしたclover
N8



2017年6月 4日 (日)

初夏の風✿高尾山から小仏城山へ

2017年5月28日



一丁平にて  丹沢の山々を眺めて
T30


親族が突然の入院で登山を1か月以上休んでいましたclover
さて、久しぶりの登山は高尾山に決定ですsign01
3度目の高尾山♪ 今回は行けたら景信山まで。 だめなら小仏城山、、そこもだめなら高尾山頂だけでもいいかな~っと最初から消極的ゆるゆるですcoldsweats01
体調や天候に合わせて色々なコースが選択できるのが高尾山の魅力ですshine
とにかく楽しみながら登りたいですヽ(´▽`)/


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


今回の山行で初めて3月に茨城県内がつながった圏央道を使いましたrvcardash
首都高を通らないので渋滞もなく早い、早いdash 
8時半に高尾山parking

支度を整えて9時登山口へ
ケーブルカー付近は遠足の子たちの声が楽しそうに響いてますnotes

T1

今日は沢沿いの6号路から登りますupwardright
理由は涼しそうだからcoldsweats01
 
予想は当たり、かなり涼しくて、おまけにこの時期に咲くセッコクというランのお花まで
見ることができました(◎´∀`)ノ

沢沿いを小鳥の声を聴きながら♪
T2

シャガはずっと登山道を彩って。
T3

琵琶滝  水行されてる方がいらっしゃるので写真はここからそおっと  ゴメンナサイsweat01


T4



緩やか登っていくと、遠くの杉の巨木がうっすら白く雪がつもったようで、皆さんカメラを向けて。よく見ると白くてお星さまのような花が沢山咲いてます♪
セッコクというランの花です。 私のカメラではよく撮れません(u_u。)チーン!
 
ちょっと歩くと説明が書いてありそちらを写しました。杉などに寄生して咲くランですpencil
T5



セッコクが見られてよかった! 6号路山頂に近づくとだいぶ水浸しで、途中稲荷山コースへの分岐があったのでそちらへdash
こちらは長い階段が辛いですsweat02 もう塔ノ岳なんて一生無理かも!
なんだかんだやっとの思いで、山頂到着!
アップダウンを繰り返し、この先進めるかな~??( ̄◆ ̄;


山頂は予想通り大変な混みようで、写真はパスして次へ
前回は娘とここから陣馬山まで歩けたのに、今はトホホ…sweat02 今日の目標は景信山fuji
T6



山頂を一丁平目指して歩いていくと  「奥高尾」というのですね。
T8

二人静が静かに咲いてます  奥高尾に入ると随分静かです。さきほどの喧騒は嘘のよう。
T7


30分歩いて一丁平です
ここから丹沢方面を眺めます
左奥に大山 そしての二の塔、三の塔と丹沢山に向けて続きますが雲多めですcloud
富士山はお隠れになってます( ̄○ ̄;)!
T12


低山縦走は暑いけれど、木陰の風がすごく爽やかで生き返りますup
山を登らない1か月のうちに夏、初夏ですね(*゚▽゚)ノ
T9


これはキンランでしょうか?
T13

また登り返し、小仏城山到着です!11時45分 
なんだか赤い幟がうれしい(≧m≦)
T14


ここでランチです♪ おにぎり持ってきたのでここの名物なめこ汁を頼みます
お豆腐もなめこもたっぷりで、すっごく美味しかったですsign03
ここはタワーのようなかき氷も有名だけどお腹いっぱいで残念食べられませんでしたsad
T16


数年前会った、ニャンコちゃんたちに再会heart04
だいぶメタボネコになってます∑(゚∇゚|||)
登山者から美味しいものをゴチになってるようですrestaurant
T17



山頂標識は新しくなったようです。 ここから遠くに副都心が見えました♪
T18

さて次は景信山です。 小仏峠にいったん下りdownwardright
小仏峠でタヌキと3ショットcoldsweats01
T19
さあ、景信山へ200m近く登り返しますupwardleftrock
でも正直、疲れてますwobbly
今日はほどほどでいいかも(;・∀・) ほんとにいいの?(-"-;A ... 
隊長は景信山で山菜の天ぷらが楽しみだったようですが下山することにしましたcoldsweats01
ごめんね隊長(/ ^^)/
小仏バス停へ下山bus
途中スイカズラやウツギが咲いてました
T20



小仏バス停からバスは細~い道を神業的?運転で高尾山口へ
無事に2時半 高尾山口に戻りました。
ちょっとお土産物屋さんを歩き
T21
10年前に入ったお店を見つけ同じクリームあんみつをいただきました♪
T22


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
高尾山、さすが人気の山です。
登山者、観光客でいっぱいですが奥高尾は静かですね。
また陣馬山まで縦走できる日は来るのでしょうか!?
ぜひトライしたいと思いますscissors
 
 
 
 
 



 
 

2017年5月 7日 (日)

ネモフィラの丘  

2017年 4月下旬



今年のGWも、ひたち海浜公園はネモフィラブルーに染まりました(◎´∀`)ノ



N1




N2




N3




N5




N6




今年のGWはお天気に恵まれ、たくさんの方が海浜公園を訪れて下さったようです。
秋には真っ赤なコキアの絨毯に変身しますo(*^▽^*)o



コメント欄は閉じさせていただきますconfident

2017年4月29日 (土)

鳴神山 豊かな自然に抱かれて

2017年4月23日



山頂より
N10 


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
今年も鳴神山へ♪
新緑、アカヤシオ、小さな春の花、せせらぎ、山頂からの展望、とても楽しい山歩きになりました(◎´∀`)ノ


朝5時半自宅出発rvcardash

北関東自動車道 桐生太田IC下車、8時10分駒形登山口着  
さすが人気の鳴神山。 路駐が続きます
N1


支度を整え8時30分出発ですshoe
アカヤシオは咲いているでしょうかcherryblossom
ちょっとドキドキです♪
沢沿いの登山道は芽吹いたばかりの木々が気持ちよくclover
N2

まだ葉っぱにくるまれてお休み中のヒトリシズカsleepy
N3


たくさんのニリンソウも朝早いのでお休み中sleepy
 
登山道を歩いていくとスミレの群生がlovely
これはヒトツバエゾスミレ?
N4

ヒゲネワチガイソウ、見つけるとうれしいですo(*^▽^*)o
隊長に報告すると「間違えそう??面白い名前だなあ」
覚える気はないようですε-( ̄ヘ ̄)┌
N6


もこもこ♪
N5


ハルトラノオ  多く咲いてました♪
N7


新緑、気持ちよい登山道を登っていきます
N8


いつもの所に咲いてるミツバツツジが見当たりません。
かわりに、カタクリがまだ咲いてます^^  去年と1日違いですが、その年によって気候の違いが感じられます。
N9


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
10時山頂です!
去年ほどではないですが、アカヤシオが咲いてますヽ(´▽`)/
そして3度目の鳴神山でやっと眺望に恵まれました!!
アカヤシオと2ショットcamera 遠くに見えるのは日光男体山、女峰山 、 雪の日光白根山fuji
N14


N11


春霞ですが遠くまで見えます! みんな山座同定楽しそう♪ eye
pig「隊長! 北アルプスが見えますよ~~~heart01
leo「あれは、八ヶ岳だよ」
相変わらず散々同定発揮ですcoldsweats02
N12


こちらは奥に袈裟丸山ですfuji  素敵です!群馬の山々
N13



ちょっとおやつを食べて10時40山頂出発! 狭い山頂は団体さんで混んできました。
青空に優しいピンクのアカヤシオが映えます♪
N15

途中地元の方からアカヤシオの説明を受けます。pencil
第一展望台より赤城山shine
また登りたいなあ!
N16



 
椚田峠で昼食です(o^-^o)
ここの芽吹きはこれから♪
木の間から赤城山が見渡せ、あとは小鳥のさえずりのみnotes
カッコソウの花は5月になってからでしょう。
N17_2

椚田峠から赤柴登山口までいつものように周回ルートですrecycle
ふわふわ落ち葉クッションです♪
N19

コガネネコノメソウ
N18


コンロンソウ サバノオ
トウゴクサバノオ
N23_2

キランソウ
N28

ここからしばらく駒形まで林道歩きです♪
ここの道が緑溢れ、せせらぎに癒され、、
鳴神山、心のオアシス、セラピストですconfident
N24


新緑と沢が続きます
N27

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

スミレの同定は難しく。 わかる方教えて下さいませ o(_ _)o
その後ちょっと調べてみました。間違っていたらご指摘くださるとうれしいです。
エイザンスミレ  ヒトツバエゾスミレ 
N22


コスミレ  
オカスミレ
N20


ニョイスミレ
N21


わかりません(+_+)  シロバナツクシスミレと判明^^
N26

たぶんタチツボスミレ? 先日 植物園のスミレ観察会に参加しましたがインストラクターさんの説明についていけず落ちこぼれでした(*´σー`)sweat02
N29
他にもたくさん咲いてましたが小さくてブレブレ、そよ風にピンボケ多く残念です(つд⊂)


1時45分登山口着。 素晴らしい山に登れてありがとうございました(_ _)
N30
この春は山に向かえない事情もあり、、でも鳴神山に元気いただけました(◎´∀`)ノ
山友さんのブログも楽しみですconfident
 
山っていいな♪ 
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
お花の名前に間違えが多かったです(^-^;
教えてくださいました山の先輩方、本当にありがとうございます<(_ _)>
また、間違えがございましたらご指摘くださいませ。よろしくお願いいたします。





 
 

«新潟県 癒しの咲花温泉